細菌が活躍

腸内には無数の細菌が棲んでいます

私たちの腸内には無数の細菌が棲んでいます。その数は、私たちの体を構成している細胞の数よりも多いと言われているほどです。そして、その腸内細菌の種類も多種にわたっており、大きく分けると次の3つに分類することができます。 まずは、乳酸菌を代表とする善玉菌です。次に、大腸菌やクロストリジウム菌等の悪玉菌があります。そして、通常はどちらにも属さないのですが、体調を崩したときに悪さをする日和見細菌があります。 これらの細菌は、腸内においてある一定のバランスを保っているのです。また、この腸内細菌のバランスのことを、腸内フローラと呼んだりしています。 そして、腸内環境改善とは、腸内に善玉菌の数を増やしてやることを指します。

腸内環境改善のために必要なこと

腸内環境改善のために必要なこととは、簡単に言えば、乳酸菌を腸内に送り届けてやることです。 ただし、通常のヨーグルトや乳酸菌飲料では、胃を通過する時に胃液によって乳酸菌が死滅してしまうのです。ですから、腸内まで生きて届く乳酸菌が入った食品を摂る必要があります。そのような食品はインターネットで比較的簡単に調べることができますから、機会があれば調べてみることをおススメします。 また、乳酸菌が含まれる食品をランキング形式で評価しているサイトもありますから参考にしてみると良いでしょう。 腸内環境改善をすると、免疫力がアップするという報告があり、花粉症等のアレルギーにも効果があると言われていますから、腸内環境改善に挑戦してみましょう。