腸活の流行

腸が汚れると美容に悪い

女性の間で、近年では腸活という言葉が流行っています。これは、美肌のために腸内環境改善を行うことです。 そもそも腸の中には、主に善玉菌と悪玉菌が存在します。生活習慣や食生活が乱れると、腸内環境が悪化して悪玉菌が増加します。この悪玉菌は、美容に色々な悪影響を与えます。具体的に言うと、にきび、肌荒れ、便秘、下痢などを引き起こします。 また、腸では「セロトニン」という成分が作られています。このセロトニンが悪玉菌によって不足すると、ストレスがたまりやすくなります。それで、イライラしたり、間接的に肌へ悪影響を与えることになります。上記のように腸内環境が悪いと、色々と悪影響があります。なので、きれいになるには腸内環境改善が大事といえます。

腸内環境改善の具体的な実践方法とは

腸内環境改善を行うには、まずコツコツと運動を行うことが大事です。というのも、運動不足になると腹筋が弱くなるので、ぜん動運動が促されないからです。そうなると便秘を引き起こし、腸内環境が悪くなります。ぜん動運動を促すためには、軽い腹筋やウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。一日10分でもいいので、持続して行うことが大事といえます。ウォーキングは激しい運動をしなくてもいいので、運動が苦手な人でも始めやすいです。 その他の腸内環境改善方法は、起床時にコップ1杯の水を飲むことです。起きてすぐの1杯の水を飲むことで、胃と腸に刺激を与えられます。それで、腸の蠕動運動を促して、便意をもよおすことができます。